NEWS ニュース

感情に訴えかけるダイレクトレスポンスマーケティング

感情に訴えかけるダイレクトレスポンスマーケティング

マーケティングと言う言葉はよく耳にしますが

一体どういう意味?あらためて聞かれると明確に分からないですよね!

簡単に言うと「売れる仕組みづくり」=マーケティングとなります。

そのマーケティングの中でもダイレクトレスポンスマーケティングというものがありま。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは?

ダイレクトレスポンスマーケティング は簡単に言うと興味のある人に対してコミニュケーションを取りながら直接商品やサービスの案内をして販売していくマーケティングの手法です。

これに相対するものはマスマーケティングで興味の有無に関わらずたくさんの人に対してTV、雑誌、Webにて一方的に広告をしていく手法で大量生産、大量販売、大量消費を前提としたマーケティングです。

企業の扱う商品やサービス、生産や販売量によって有効なマーケティングの方法も変わってきます。



ダイレクトレスポンスマーケティングの手法!

ダイレクトレスポンスマーケティングは広告を一方的に出して購入するのを待つのではなく、興味がある人はこちらにお電話ください、疑問や不安がある人は無料相談くださいとお客様にアクションを喚起して集客する事から始まり、基本的に「集客」「教育」「販売」3つのプロセスからなっています。

無料サンプルやお得な価格、アンケートなどで商品やサービスに興味のある人のリストを集めます。

集めた購入見込み客のリストにメールやDMなどで商品やサービスについて正しく理解してもらうように継続的に情報を提供していきます。決してセールスではなく〇〇の選び方や商品の比較の方法など購入見込み客との信頼関係を築くプロセスです。

お客様の購入意欲が高まったところで販売になります。この商品が「今だけ」「限定で」など特別な機会を提供すると効果的なのです。

例えば、車の販売だとして試乗会や展示会でリストを集めます。メールやDMで家族で行くドライブ情報や車で行くキャンプの楽しみ方や、アクティブスポーツの情報など車の性能や良さをアピールするのではなく、車を使った楽しみ方の情報を提供していくのです。そして「今だけお得な・・」「限定の・・」などがあると購入率は上がってくるというものです。

ダイレクトレスポンスマーケティングはインターネットでもオフラインでも活用することができ、いろいろな業種、分野で適応させることが可能なのです。

ニュース一覧に戻る

CONTACT
お問い合わせ

ご相談、ご依頼は下記のフォームからお問い合わせください。